top

TOP  RSS  Login

StationTV が ゾンビプロセスになる

製品

Mac OS X 専用の 地デジ/BS/CS 対応 USB 接続テレビチューナー。ちょっと高めだけれども、画質は良い。

もともと前モデル(?)の PIX-DT181-PU0 を持っていて、スリープ後に再び視聴アプリの StationTV LE を起動すると「チューナーが認識されない」などというエラーが頻発するので買い替えたもの。しかし、この製品でもエラーは継続して発生した。OS X 10.10.* の頃は起こらなかったので、OS(OS X 10.11.*)と視聴アプリの StationTV の相性に何か問題があったのかも知れない。この問題は 2016/7 にアップデータで対処された。

またこのモデルは、前モデルが対応していたデータ放送に何故か対応していない。本当に不思議でならない。UI が洗練されているだけに、その点が非常に残念すぎる。今後のアップデータで対応されないだろうか。

問題

環境

  • iMac (21.5-inch, Mid 2011)
  • OS X 10.11.*

やはり OS X 10.11.* にしてから発生している問題で、StationTV を終了してその後また起動すると、上手く立ち上がらずにそのままゾンビプロセスになってしまうことがある。kill しようにも kill されてくれず、Mac を再起動しようにも途中で固まり、ついには電源ボタンを長押ししてシステムごと強制終了するしかない。

テレビを見たいが為にある程度の頻度でシステム強制終了する必要に迫られるのはよろしくないので、どうにかしようと思ったが検索しても同様の問題が発生している例は数例しか出てこなかった。何かこちらの環境に依存している問題なのかも知れない。

取り敢えずの方策

StationTV を起動する前に、StationTV Helper と StationTV Server を kill し、StationTV Helper.app を起動するようにする。それによって、問題は全く発生しなくなった。

#!/bin/sh

killall -KILL "StationTV Helper"
killall -KILL "StationTV Server"

open -a "/Applications/StationTV.app/Contents/Resources/StationTV Helper.app"

Last modified:2016/07/24 17:09:13

hG

0.211179