top

TOP  RSS  Login

SetFile(1)

名前

/usr/bin/SetFile -- ファイルとディレクトリの属性を設定する

書式

/usr/bin/SetFile [-P] [-a attributes] [-c creator] [-d date] [-m date] [-t type] file ...

概要

/usr/bin/SetFile は HFS+ ディレクトリのファイルに対してファイル属性を設定するためのツールである。MPW(Macintosh Programmer's Workshop)の setfile コマンドに類似させている。オプションは挙げられたすべてのファイルに適用できる。

オプションフラグ

-P
シンボリックリンクファイルのリンク先を解決せず、シンボリックファイル自身に対して作用する。
-a attributes
属性を示す case-sensitive な(大文字小文字を区別する)文字列によってファイル属性の値を設定する。それぞれの文字はファイル属性に対応する。大文字は属性値を真に設定 (1) し、小文字は偽に設定 (0) する。指定されていない属性は変更されない。
A,aエイリアスファイル
B,bバンドルを持つ
C,cカスタムアイコン(フォルダにも適用される)
D,dデスクトップに配置(フォルダにも適用される)
E,e拡張子を隠す(フォルダにも適用される)
I,iInited - Finder のウィンドウでファイルを配置できるようにする(フォルダにも適用される)
L,lロックされている
M,mShared(複数の起動を可能にする)
N,nファイルは INIT リソースを持っていない
S,sシステムファイル(名前をロックされた)
T,tひな形(Stationery Pad)ファイル
V,v不可視(フォルダにも適用される)
Z,zビジー(フォルダにも適用される)
-c creator
ファイルクリエイタを指定する。creator は四つの MacRoman 文字、クリエイタを指定しない空文字列('')、標準表記の二進数、十進数、八進数、十六進数(0x52486368)で表される。
-d date
作成日を設定する。date は "mm/dd/[yy]yy [hh:mm[:ss] [AM | PM]]" の形式で表される文字列。スペースが含まれる場合、引用符で囲むこと。日付は UNIX エポック、つまり 1/1/1970 から 1/18/2038 までの間でなければならない。年が二文字の数字で渡す場合、21 世紀の西暦であると解釈されるため、00 (2000) から 38 (2038) までの値でなければならない。
-m date
ファイル変更日を設定する。date-d で指定する文字列と同様である。
-t type
四文字で表される type によって、ファイルタイプを設定する。

返り値

0
属性が設定された
1
文法エラー
2
その他のエラー

関連項目

  • GetFileInfo(1)

以下のコマンドラインは、"myFile" の変更日を設定する。

SetFile -m "8/4/2001 16:13" myFile


Last modified:2013/06/19 14:54:05

qS

0.382265